[ゆめにっき] 裏ボアに引っ付き虫がひまわりのようについた

川辺の近く。

桟橋があり勾配のある林のような場所。

そこで自分は冬に穿く裏ボアのズボンにくっついた引っ付き虫を取っている。

不思議なことに引っ付き虫がついているのはズボンの裏側。

どういう経緯でくっついたのかが分からないが、それを必死に自分は取っている。

しかし見た目がいかんせんちょっとアレ。

裏ボアの毛の一つ一つに規則正しく引っ付き虫がくっつき、それらが螺旋状に並んでいるようにも見える。

あたかもひまわりの種を想起させる。

それでもグッと我慢してチマチマと種を取っている。

そんな時、場面が変わって幅の狭い道路に切り替わった。

競輪選手のようなカッコウをしたチャリンコライダーが次々と走っていく。

この道路をどこかで見たのだが、思い出せない。

現実世界より

どうして裏ボアに引っ付き虫がつくのか。

謎すぎる。。。

本当に見た目がうっぷ、、、と来るような感じで辛かった。

ひっついたモノは全部取り切れなくて諦めたような気がしたのだけど、あんまり覚えてなくて場面が切り替わってしまった。

この場所がどこかで見たことがあるのだが、まったく思い出せない。

歯がゆい感じ。

今回はそんな夢。


関連する記事