[ゆめにっき] 上司に車ではねられる

信じていたのに。。。

なぜ?

どうして?

頭が混乱して今の現状を理解することができない。

上司は「あくのそしき」に所属していた。

今目の前には上司の車がスピードを上げてこちらに向かってきている。

自分は避けようとするが、なぜかスローモーションのようにしか動くことができない。

ああ、当たってしまう。。。と思って覚悟を決めた。

やはり自分は車に跳ねられてしまった。

しかし。

自分は奇跡的に生きていた。

多少擦りむいたりしたが、命に別条はない。

体だって自由に動く。

まだ信じがたい現実を受け入れられないが、上司にこれ以上悪事を重ねさせないために追いかけよう。

逃げたエリアは分かっている。

そのエリアを全て探せばきっと見つかるはず。

現実世界より

いきなりずっこけるような内容でしたが、まぁ上司が「あくのそしき」に所属していて悪いことをしていた、という夢でした。

「あくのそしき」って、自分の中では銀魂の「感電血」が出てくるお話の単語ですね。

その単語を夢の中ではっきりと言っていたような気がします。

「そんな、上司があくのそしきに入っていたなんて、、、!」

ショックの気持ちはかなりリアルで、本当にどうしたらいいか分からない気持ちでした。

とはいえ、夢は夢。

職場の尊敬する上司は本当に良い方で、こんなことをする人ではないのです。

一体何がきっかけでこんな夢を見たのでしょうね。。。


関連する記事