[ゆめにっき]友達の家に泊まる

夜中の2時にlineで友達と連絡を取った。

「今から泊まりに行きます」

非常識な時間帯非常識なメッセージを送り、自分は友達の家に泊まりに行った。

時々お邪魔するくらいだが、家の構造はよく知っている。

だけど、今その家には寝床しかない。

ヨレヨレの布団とやたらとデカい丸みのある目覚まし。

今からここで寝るのだろうか?と心配になりあたりを見渡すと、夜にも関わらず青白い光に包まれていて、通行人がいればみんな幽霊に見えそうだ。

近くには何やら公民館のような建物もあり、建物全体がガラス張りになっている。

その建物の中に公衆電話ボックスがあり、ガラス張りが二重になっているのでちょっとおもしろいと思った。

いよいよ寝ようとすると、近くにいた友達は消えてしまった。

とりあえず3時間くらいに目が覚めたら探しに行こう、とのんきな事を考えて眠ることにした。

現実世界より

夜中にいきなり友達の家に泊まりに行って、そのまま寝るという大変非常識なことをしている自分の夢でした。

ってか、いなくなった友達を探しにいけよ、自分。

もうワケがわからんw

夢だからしゃーないけど。


関連する記事